【神戸製鋼所】一番売れている溶接棒?Z-44を紹介【ライムチタニヤ系】

本記事でわかること

  • 溶接棒「Z-44」の性能について

新しい商品以外にもこの業界で販売機会の多い製品についても発信していきたいと考えております。

本日紹介するのはもしかしたら業界外の方でも見たことや販売したことがあるかもしれない、そんなメジャーな溶接棒です。

というわけで今回は(株)神戸製鋼所の溶接棒「Z-44」について解説します。

初めて溶接棒について触れる方は、まずZ-44から覚えよう

ちなみに以前は「ZERODE-44」という名称でしたが、現在は「Z-44」という品名で販売されている溶接棒です

昔の名残で今でもZ-44をZERODE(ゼロード)と呼ぶ人は多いよ

個人的には、国内で最も販売されている溶接棒だと思っています。

Z-44の性能について

(株)神戸製鋼所のZ-44紹介ページより、性能をみていきます。

”(株)神戸製鋼所 溶接材料総合カタログより”

Z-44の特長

  • ヒューム量が少ないため環境にやさしい
  • 再アーク性、スラグ剥離性に優れ、断続溶接、すみ肉溶接、タック溶接(仮付け)に適している
  • 曲げても使用でき、3.2mm以下の棒径では立向下進溶接ができる
  • 難吸湿で乾燥を省略できる

上記のような特長をもったZ-44は正に使いやすい溶接棒だといえます。

ヒューム量が少ないため環境にやさしい

ヒューム……溶接した際に発生する青白い煙に含まれる有害なちり

Z-44は他の同系溶接棒と比較して、溶接時に発生するヒュームが30%程度抑えられています。

近年、溶接時に発生するヒュームが特定化学物質に該当するようになり、環境への配慮を求められています(参考記事はこちらから)

少しでもヒュームの少ない溶接材料を使用することを検討されている方におすすめの溶接棒となっています。

(株)神戸製鋼所の商品に”Z”と記載されているものは、低ヒュームを意味しているんだ。

再アーク性、スラグ剥離性に優れ、断続・すみ肉・タック溶接に適している

同社製の仮付け用溶接棒「LB-52T」と同様にZ-44も再アーク性に優れているため、仮付け溶接に適しています。

>>LB-52Tに関する記事はこちらから

さらにZ-44は仮付けのみならず本溶接でも使用できるので、あらゆる溶接状況に対応することができます。

曲げても使用でき、3.2mm以下の棒径では立向下進溶接ができる

溶接姿勢の中で、立向下進溶接(くだりの溶接)を推奨している溶接棒は実はあまり多くありません。

(株)神戸製鋼所で代表的なくだり棒というと「LB-26V」が挙げられるけど、それくらいかな……

3.2mm以下という制約はあるものの、立向下進溶接で使用できる溶接棒は貴重です。

本当の意味でオールポジションで使用できる溶接棒として、Z-44は挙げられます。

難吸湿で乾燥を省略できる

本来溶接棒は、使用前に乾燥庫に入れて乾燥させてから使用することが望ましいです。

特に低水素系という系統の溶接棒は、乾燥処理を行ってから使用すべき溶接棒だといえます。

その面倒くさい乾燥処理を、Z-44は省くことができるわけですから、設備がなかったり、開けてからすぐに使いたい方にはうってつけです。

Z-44の短所

良いことばかり書いてきましたが、当然得意としていない要素もあります。

”(株)神戸製鋼所 溶接材料総合カタログより”

Z-44は「ライムチタニヤ系」という系統の溶接棒に分類されるのですが、イルミナイト系溶接棒と比較するとX線性能が劣ります。

さらには低水素系溶接棒と比較して、溶接金属の機械的性質が優れておりません。

機械的性質……本記事では溶接金属の耐割れ性や、引っ張り強さ等をさす(溶接性)

そのため溶接後の検査がある構造物や試験、強度を求められる箇所などには採用されません。

Z-44ですべての溶接シーンに対応できるわけではないんだね……

短所も理解しつつ、使ってはいけない箇所では他の溶接棒を選択できるようになるといいでしょう。

まとめ:溶接棒はZ-44から覚えて知識を拡げていこう

本記事のおさらい

  • Z-44の長所
    • ヒューム量が少ない
    • 再アーク性、スラグ剥離性に優れ、さまざまな溶接で使用できる
    • 3.2mm以下の棒径では立向下進溶接でも使用できる
    • 乾燥を省略できる
  • Z-44の短所
    • X線性能が劣る
    • 強度を必要とする箇所には不向き

Z-44はその溶接性と作業性の良さで、国内において圧倒的な支持を得ている溶接棒です。

しかし万能なZ-44といえど、全ての鋼材や溶接シーンで使用できるわけではないというところが溶接の奥深さです。

とはいえ紹介してきたように、他の溶接棒よりも比較的オールラウンドな溶接棒であることは間違いないでしょう。

お客様

すいません、あまり詳しくないのですが鉄を溶接する溶接棒ください。

このように銘柄の指定がなく、情報が少ない問い合わせがあり、こちらで溶接棒を選定するのであれば、私は「Z-44」を選択することでしょう。

相手からの要望が少ない場合に紹介する溶接棒としては、Z-44は第1候補だと思うよ

まずはZ-44を理解し、そこから発展させてZ-44では不向きな溶接に対応できる溶接棒を覚えていきましょう。

Z-44の他社相当品等をまとめた記事も併せて参考にされてください。

神戸製鋼所と日鉄溶接工業の溶接棒相当品を比較【軟鋼・490MPa級高張力鋼編】

昭光商事在庫情報

本記事で紹介した「Z-44」は棒径2.0mm,2.6mm,3.2mm,4.0mmのものを弊社にて在庫しております。

ご必要であればお申し付けください。

お気軽にお問い合わせください

本社TEL:083-248-0404
彦島TEL:083-267-1413
受付時間:8:00~17:00(土は12:00)【日・祝日を除く】