高圧ガス容器(圧縮ガス)の刻印について

今日は高圧ガス容器の刻印について書いていこうと思います。

容器の上側の方を見ると何やら意味ありげな記号や数字が書いているのですが、それがどういう意味があるのかを解説していきます。

今回も画像を用意しているのでこちらをご覧ください。

7㎥(リューベ)の酸素容器

刻印部分に番号を振っているので順に解説していきます。

① O2という刻印が打っていますが、これは容器の中身が酸素だということを意味しています。

② 見えにくいですが「P074」と打っています。これは容器所有者の登録番号を表しており、弊社は「P074」です。

③ 容器の記号、番号です。どこに販売したかなどの容器の管理を行うために必要です。

④ V:容器の内容積(L)です。47.4Lのものに7㎥(7000L)もの気体を充填するのですからいかに中の圧力が大きくなるかがわかります。

⑤ W:容器の質量(kg)です。あくまで容器の質量なので、充填されている状態の容器はもっと重くなります。この重量なので必ず立てたまま転がすかボンベ台車で運搬しましょう。

⑥ 容器検査に合格した年月です。写真の容器だと2015年9月になります。

⑦ TP:耐圧試験における圧力を表します。単位のMはMPa(メガパスカル)です。

⑧ FP:最高充填圧力です。この圧力を超えて充填してはいけません。

⑨ 容器再検査に合格した年月です。写真の容器だと2020年12月になります。古い容器になるとこの日付がたくさん打刻されていて、どれが最新の日付か探すのに苦労します。

ざっと解説していきました。

今回は7㎥の酸素容器を例に挙げましたが、例えばボンベサイズが小さくなると当然V(内容積)やW(質量)は変わってきます。

本内容の中で容器再検査とか耐圧試験というワードを出しましたが、これらに関しては下の記事にて解説しております。

高圧ガス容器の再検査期間、耐圧検査について

今回ご紹介した知識が少しでも読んでいただいた方のお役に立てれば幸いです。

お気軽にお問い合わせください

本社TEL:083-248-0404
彦島TEL:083-267-1413
受付時間:8:00~17:00(土は12:00)【日・祝日を除く】