ケーブルジョイントの基本的な解説と取り付け方【JA-300】

本記事でわかること

  • ケーブルジョイントの役割と種類
  • ケーブルジョイントをキャブタイヤケーブルに接続する手順

溶接機からの取り出しや、キャブタイヤケーブルの延長でケーブルジョイントという部品が使用されているのをご存知でしょうか?

こんな感じのやつです

あらゆる現場で使用されているジョイントなのですが、キャブタイヤに接続する方法は調べてもあまり出てきません。

ジョイントをつけたいけどやり方がよくわからないし、周りに誰もやったことある人がいない…。

そのような方向けに、本記事ではケーブルジョイントについて、その特徴と取り付け方を画像を交えて解説します。

ジョイントをキャブタイヤに接続する参考資料として本記事を役立ててください。

ケーブルジョイントとは

本記事で紹介するケーブルジョイントとは、太いキャブタイヤケーブル(22sq以上)に取り付けるジョイントのことです。

ケーブルジョイントの役割

溶接機を使用する現場では作業範囲が広くなるため、ケーブルを延ばしたい場面が多くなります。

長いケーブルを用意してもよいのですが、溶接機に使用する電線は太いため、長くなればなるほど重くなります。

取り回しを考えるのであれば、必要に応じて長くしたり短くしたりできるのが理想です。

溶接機に直接つけたケーブルを外すのは手間だから、ジョイントで着脱できるようにしたほうが圧倒的に使いやすいんだね。

状況に応じた電線の延長・着脱を可能にするのがケーブルジョイントの役割です。

ケーブルジョイントの種類

さまざまなメーカーがケーブルジョイントなる製品を販売しているのですが、基本的には2種類に大別されます。

2種類のプラグで違いを確認してみましょう。

左画像タイプのケーブルジョイントが一般的なタイプであり、ケーブルジョイントといわれたらまずこちらのタイプだと考えていいでしょう。

それぞれ対応するソケットが存在するため、一般的なタイプのプラグがねじ込みスクリュー式のソケットに合うことはありません。

青いゴムカバーの一般的な形のジョイントを覚えておくだけで充分だよ。

ちなみにキャブタイヤケーブルの太さが60sqを超えると、画像のジョイントよりも大きなジョイントを付けるようになります。

ケーブルジョイントをキャブタイヤケーブルに取り付ける手順

本項では、三立電器工業(株)「ケーブルジョイントJA-300」のメス側(ソケット)をWCT38sqキャブタイヤに取り付ける手順を解説していきます。

オス側(プラグ)を取り付ける際も同様の手順で可能です。

①:ゴムカバーを先に通しておく

一番忘れがちな工程です。取り付けミスはここが原因になることが多いです。

先にキャブタイヤにゴムカバーを通しておくことが重要です。

通しておかなければ後々ゴムカバーを金具に装着することができないので、全て外すはめになってしまいます。

これまで何度も経験があるよ…

WCT38sqのキャブタイヤに接続する場合カバーが入りにくいので、少し切ってしまっても構いません。

WCT38sqに取り付ける場合は38㎟と書いてある場所でカットしてもOKです

②:キャブタイヤの先端を銅管分だけ剥く

ジョイント購入時に付属してある銅管の分だけ、キャブタイヤ先端のゴム部分を剥ぎます。

刃物を入れすぎて銅線まで切ってしまわないように注意しましょう。

③:銅線部に銅管と金具を入れてネジで締め込む

露出した銅線部に、付属してある銅管とジョイント部(金具)を入れます。

金具にはネジ穴が2か所空いていますので、付属しているイモネジを入れて六角棒レンチで強く締め込みます。

ネジが回せなくなるまで思い切り締め込もう。

イモネジが銅管をつぶして圧着されたような形になるんだ。

④:ゴムカバーを引っ張って金具に装着する

ゴムカバーの出っ張りと金具のくぼみを合わせて装着しましょう。

最初に入れていたゴムカバーを引っ張って金具部分が完全に絶縁されればソケットの完成です。

まとめ

前項で製作したソケットは下図のようにプラグと接続することができるようになります。

本記事のおさらい

  • ケーブルジョイントは太いキャブタイヤケーブルを延長する、もしくは着脱を容易にする目的で使用する
  • ジョイントの形状は2種類ある
  • ケーブルジョイントをキャブタイヤに取り付ける手順
    • ①:ゴムカバーを先に通しておく
    • ②:キャブタイヤの先端を銅管分だけ剥く
    • ③:銅線部に銅管と金具を入れてネジで締め込む
    • ④:ゴムカバーを引っ張って金具に装着する

思えば私も、最初に教わって繰り返し作っていく内に、自然とできるようになっていただけでした。

もし自分が前知識なしでいきなりケーブルジョイントを組むことになれば、ネットで方法を探していたでしょう。

画像を交えて説明しているようなサイトが少なかったため、今回はこのような記事を書かせていただきました。

誰もが最初は初心者!ケーブルジョイント接続の参考にしていただければ幸いです。

昭光商事在庫情報

当社では本日紹介した三立電器工業(株)「ケーブルジョイントJA-300」を常時在庫しております。

ご必要の際は是非ご連絡ください。

お気軽にお問い合わせください

本社TEL:083-248-0404
彦島TEL:083-267-1413
受付時間:8:00~17:00(土は12:00)【日・祝日を除く】